不動産1分は何m?【田園都市線の不動産売却】

不動産の徒歩1分の基準って?

不動産の1分は何mかご存知でしょうか?

不動産の1分の基準は明確に決まっていて【1分=80m】となっています。

それでは1分で80m歩けるかというと障害物や坂道などがなければ可能かもしれません。

実際に歩いてみると距離があるように感じることがあります。

売却の際の徒歩表示はなにが基準?

不動産を売却される際は基本的には分譲時・購入時のパンフレットなどを参考にします。

しかし、近隣の地形の変化や駅周辺の再開発がある場合には今まで通れなかった道が通れる、

道が広くなったのでショートカットが出来るなどの事がありますのでしっかりと調べてもらうようにしましょう。

不動産の1分、2分って重要?

不動産の表示で1分、2分の違いは大きく違います。

『徒歩9分』と『徒歩11分』では印象が大きく違いませんか?

仮にカフェやレストランなどで考えた場合、『徒歩11分』は遠く感じ、選択肢から外れてしまいかねません。

不動産も同様のことが言えます。

しっかりとご相談の出来る不動産会社選びを

不動産の売却をご検討の際はこのような件もしっかりと考えてくれる会社を選びましょう。

しっかりとご相談をすることも不動産売却の成功の秘訣になります。

■売却または賃貸をご検討中のオーナー様へ

売却・賃貸をご検討中の際はお気軽にご相談ください。

売却をご検討中のオーナー様売却相談

賃貸をご検討中のオーナー様

 

不動産売却・不動産買取・リースバック

お住まいの売却をお考えの方は無料査定をご利用ください。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です