崖地の物件の売却

神奈川県内は非常に崖地が多い地域です。

横浜市や川崎市に限らず、比較的高低差が多くあります。

特に横浜に向かって急な坂道などは多く存在しているように思います。

 

崖地の物件は玄関側から見ると普通の住宅のように見えますが、裏に回り込んでみると

切り立った崖になっています。

売却の際にネックとなるのが【崖地となっている=支えている土地には擁壁がある】ということです。

中には、擁壁を組まないで崖地にそのまま建物が建っていることもありますが、基本的にこの場合は

建て直しがしにくいまたは擁壁の新設・補強などが必要となります。

この費用がとても高い為、売りにくい要因となります。

以前に一団で分譲されているような分譲地はわりと多いように思います。

このような不動産をお持ちの方は一度ご相談ください。

売却方法などご提案をさせていただきます。

【横浜市青葉区・川崎市宮前区の売却・買取強化中】

 

■売却または賃貸をご検討中のオーナー様へ

売却・賃貸をご検討中の際はお気軽にご相談ください。

売却をご検討中のオーナー様売却相談

賃貸をご検討中のオーナー様

 

不動産売却・不動産買取・リースバック

お住まいの売却をお考えの方は無料査定をご利用ください。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です