【売買に伴う不動産調査】

本日は近日中に契約予定の物件の

調査の為、都内まで行ってきました

売主様から売却の依頼をいただき販売開始するとき

買主様から購入の申込をいただき契約する前などに

その物件について細かく調査をするのも

不動産屋の仕事です

 

この調査なかなか奥が深く、経験が少ないと

わからないことだらけ、何が正解で何がダメか

わかっていない営業マンもおりますので

本当に注意が必要です

大手不動産業者ですと専任の調査担当者がいる場合も

ありますが、通常は営業担当が調査も行いますので

やはり売買は信頼できる会社、信頼できる担当者に

お願いしたいものです

 

ちなみに調査する内容は

法務局にて所有者情報、抵当権の有無、他権利関係

(登記事項証明書、公図、測量図、建物図面など)

区役所等で用途地域、建築関係、道路関係、ハザードマップ

(建築計画概要書、台帳記載証明書、開発登録簿、道路台帳など)

上下水道局で給水管・排水管調査と東京ガスでガス管調査

(埋設管の太さ、古さ、経路など)

マンションの場合は管理会社から管理費・修繕積立金関係

(重要事項に係る調査報告書など)

その他、物件によっていろいろです

 

何か問題がある物件を契約しちゃったら大変ですから

物件調査もアイワハウスはしっかりきっちり行ないます

安心・安全なお取引の為に

どうぞアイワハウスをご利用ください

売買事業部 榎本

 

不動産売却・不動産買取・リースバック

お住まいの売却をお考えの方は無料査定をご利用ください。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です